【21年2月_東南アジア銀行株】ー高配当銘柄への復帰間近

コロナワクチンの接種が各国で始まり、欧米では新規感染者数が大幅に減ってきました。まだまだ油断はできませんが、やっと終息の兆しが見えてきましたね。私もあと少し自粛生活を頑張ろうと思います。

株式市場は早くもコロナ終息を見込んで活況になっています。少しバブルの様相を帯びてきたため銘柄選びは慎重に行おうと思います。

現在の状況で私が注目するのは銀行株です。コロナショックで配当停止もしくは減配を強いられた銀行が多く、株価も大きく下がっています。しかし、経済活動が元に戻れば銀行株は高配当銘柄に復帰するため、株価の戻りが遅い今のタイミングで仕込んでいこうと思います。

今回は東南アジアの銀行株の高配当銘柄を調べてみました。まだまだ、銘柄によっては配当利回りが低いのも多いですが、その中でも高配当に復帰している銘柄もいくつかあります。それらを紹介したいと思います。 “【21年2月_東南アジア銀行株】ー高配当銘柄への復帰間近” の続きを読む